Home » 交通事故と示談金

交通事故と示談金

交通事故が発生したら、まず警察に届け出る義務があります。基本的に届け出は加害者が行わないといけないのですが、物損事故の場合や人身事故で被害者が身動き取れる状態であれば、被害者が連絡をしても問題はありません。警察への届け出をおろそかにしてしまうと、後でトラブル発生の原因となるので、物損事故であっても必ず行いましょう。交通事故が発生した場合には、通常加害者が被害者に対してお金を支払う義務が発生します。

これは物損事故や人身事故でも一緒です。物損事故の場合には、ぶつけて傷を付けた物を弁償するためにお金を支払いますし、人身事故の場合には治療費なども支払う必要が出てくるでしょう。物損事故の場合にはその場で交渉をしても問題はありませんが、人身事故の場合には慎重に行う必要があります。なぜなら後になって症状が出てくることもあるからです。さらには示談交渉を行う時期も重要になるのですが、人身事故の場合には注意しなければいけないことがいくつかあります。

物損事故であればともかく、人身事故の場合には、基本的に治療を開始してから示談交渉を行うのが一般的です。ただし、後遺症が残ってしまった場合などは別になるので注意しましょう。このようなタイミングは、一般の人では判断するのが難しいので、弁護士に依頼することが多くなっています。弁護士はただ裁判を行うときに必要なのではなく、保険会社との交渉や示談を進めていく手順を聞く場合、いろいろと相談をすることもできるので、依頼する人が多いのです。

Name of author

Name: 管理者